2017年12月15日

各種お取引品の在庫状況その1、自衛隊系迷彩帽編

先月完成のFTC迷彩日本軍型略帽製作のついでにFTC迷彩のキラーキャップも製作してみました又今回は在庫のあるフリーのお取引用帽子も紹介します。

今回は基準サイズ60cmを作成(最適許容範囲は59~61cm)他基準サイズ58cm(最適許容範囲は57~59cm)が在庫が御座います。
価格は6980円です。

官給品型の旧迷彩端切れから製作した日本軍型略帽(A)も製作しました。
帽垂れ、伸縮式顎紐付、サイズは60cm(表示サイズは61cm)と58cm(表示サイズは59cm)も製作。
希望お取引価格は8980円です。

航空自衛隊デジタル迷彩日本軍型略帽、サイズ60cm(表示サイズは61cm)、希望価格は8500円。

航空自衛隊野戦迷彩ドイツ軍型規格帽は60cmと59cmが御座います。
希望価格は6500円。

陸上自衛隊迷彩ドイツ軍型規格帽は60cmで希望価格6500円です。
いずれもテーラーメイドの管理人の企画品で単品~数点の製作数です。
お取引ご希望の方がおられましたらお問い合わせ下さい。
  


Posted by folgore at 20:59Comments(0)企画、製作、ニュースなど

2017年12月02日

12月の新着装備その1:FTC迷彩日本軍型略帽A

陸上自衛隊唯一のアグレッサー部隊FTCの迷彩日本軍型略帽です。

依頼を受けてSHOPレンジャーさんのレプリカ生地で製作しました。

裁断はこれまでの作例どおりのA型日本軍型略帽です。
今回は鳩目関係が金属、帽垂れは無しで伸縮式顎紐付です。

伸縮式顎紐を展開した状態です。
カシメ止めで取り付けています。
今回の製作で年内の製作は終了し来年からは約20%ほど製作費が上がります。

海上自衛隊ブルーデジタル迷彩陸自新型救急品ポーチも入荷してます。
7500円也。

海上自衛隊デジタル迷彩装備も製作の目途がたちましたが写真のセット(弾帯、水筒本体を除く)で35000円くらいになりそうです。
ご希望の方はお問い合わせ下さい。

  


Posted by folgore at 08:46Comments(2)FTC迷彩のヘッドギア

2017年11月23日

11月の新着装備その3:航空自衛隊デジタル迷彩64式弾納

航空自衛隊デジタル迷彩の64式弾納です。

お取引用アイテムでも前回紹介した物ですが陸自の官給品型の空自デジタル迷彩版です。

以前制作した弾納は写真の様に縁留めが黒の弾納でしたが今回は迷彩色と合わせた灰色の縁留めテープを使用しています。

内側と底面ですそれぞれ64式やG3、M14のマガジンが大で2本、小で1本入ります。
今回はご要望があり3セットと小2個を製作しました。
まだ1セットと小2個が手元にありますのでご希望の方はお問い合わせ下さい。

  


Posted by folgore at 08:06Comments(0)

2017年11月18日

お取引用の各種装備です。

いろいろご要望をいただいていましたのでお取引用に各種装備を追加製作しました。

まずは陸上自衛隊迷彩新型救急品ポーチ(個人携行救急品)の国産レプリカです。
高品質モデルで中国製にはない上質な仕上がりです。各パーツもYKKが使われていいます。
希望価格は4980円です。

こちらは来週入荷予定の海上自衛隊迷彩版の新型救急品ポーチ。
生地が高価な為少々高めで7800円になります。細部は陸自迷彩版に準じた国内生産ですので高品質です。
限定3個入荷します。(製作時期により細部仕様が写真と異なる場合があります)

同じく海上自衛隊迷彩88式ヘルメットカバー(鉄帽覆い)でヘルメットバンド付です。
製作の関係で陸自型のヘルメットバンドループが付いた陸自型ですので管理人がヘルメットバンドを製作しました。
手作りですのでオマケと考えて下さい。パーツはそれなりの物を使ってますので見栄えは悪くないと思います。
サイズは大と中が各3個の限定入荷で希望価格は7500円になります。

航空自衛隊デジタル迷彩64式マガジンポーチの4個セットです。
こちらは現役の方から何件かリクエストいただいた物で製作してみました。陸自の官給品型です。
セット内容は大(2本用)×2個、小(1本用)×2個の4個セットで限定2セット製作の他
小×2が1個セットあります。
単価は小が2400円、大が2500円の9800円になります。
細部は左枠「オーナーへメッセージを送る」からお問い合わせ下さい。

で次の企画として海自デジタル装備の追加製作と海自デジタル迷彩服の製作を考えていますが少々問題があります。
まず生地を持っているメーカー経由になるので単価がそれなしに高価になります。
また版型の関係で正確な海自型ではなく陸自型になる可能性ががります。
まあ要望次第ですが覚悟をした要望が多ければ検討いたします。


  


Posted by folgore at 12:51Comments(0)企画、製作、ニュースなど

2017年11月13日

11月の新着装備その2:海上自衛隊デジタル迷彩88式鉄帽覆い

お待たせしました海上自衛隊デジタル迷彩88式鉄帽覆い第2回企画分到着しました。

今回は若干ですが原価が安くなったのでヘルメットバンド付でお取引しようかと思います。

基本形状は前回と同じヘルメットバンドループ付きの陸自型になります。

ヘルメットバンドは管理人の手作りで単色ですので素人感のある縫い目の不ぞろいなどはご容赦下さい。
サイズは大と中で価格はヘルメットバンド付で7500円になります。
ただヘルメットバンドは材料が揃っていないので19日頃の完成予定です。
今回は大と中各3枚づつの入荷です。
ご希望の方は左枠「オーナーへメッセージ」を送るから細部はお問い合わせ下さい。
  


Posted by folgore at 20:36Comments(0)企画、製作、ニュースなど

2017年11月03日

11月の新着装備その1:カラビニエリ出動服

魔の10月が終わり平穏な生活に戻りつつある管理人です。
ネタも少なくなってきましたし最近サバゲも行けてないので大分前に手に入れながら掲載忘れたアイテムです。

イタリアの憲兵/文民警察カラビニエリの出動服です日本の機動隊が着ている紺の出動服の様な位置づけだと思います。
憲兵隊はイラクなので戦地でも着用しており軍と文民警察識別するためかとも感じます。
コレクターからの放出品でパッチ類は有りませんでした。

生地は柔らかく割と薄目、襟と袖口の赤ラインが特徴です。

ズボンもジャケットと同じ生地で左右に大型のカーゴポケットがあります。
同じく縦の赤ラインが特徴です。
全体的には以前のOG戦闘服と同じ様なデザインです。
ベレッタM12と共にインドアゲーム用にと譲りうけましたが使う機会もなく・・・・・・箪笥の肥やしになりました。

さて仕事も落ちつきましたので何とか年内完成に向けて各種迷彩帽他のアイテムの企画を進めて行きたいと思います。
まだ間に合いますので共同製作者募集しております。



  


Posted by folgore at 08:41Comments(0)各国の装備

2017年10月21日

製作いろいろ

生業が多忙でテンパってる管理人です。

いろいろ要望が貯まってきたので少し作ろうかと思います。
海自迷彩88式鉄帽覆いとか

空デジの64式弾納だとか

FTC迷彩の帽子だとか作る予定です。
帽子はだいぶ予定が遅れてるので急がないと。
その他は目下企画中ですので要望が多ければ検討します。
ご希望がありましたら10月末までにお問い合わせ下さい。
  


Posted by folgore at 08:11Comments(0)企画、製作、ニュースなど

2017年10月06日

10月の新着装備その1:マルチカムボトルポーチ

以前サバゲ仲間の処分品で格安購入したTMCのマルチカムバックパックを使い易くするために同じマルチカム迷彩のボトルポーチを購入しました。

取り付けるバックパックもTMCなのでブランドには拘らずコスパ重視で

商品名「OneTigris アウトドアボトル用ポーチ ナイロンボトルケース ペットボトルホルダー MOLLE対応」というポーチをアマゾンで購入しました。取付方法はMOLLEシステム対応です。

底は水抜きを兼ねてメッシュになっています。
生地質や縫製も可もなく不可もなくという感じです普通に使う分には問題なしです。

バックパックに取り付けるとこんな感じです。

片側だけにポーチを取り付けるとバランスが悪いので反対側にも以前購入したポーチを取り付けてみました。

こんな感じでバランスよくなりました。
このバックパックは通勤などの実用品なのですがチャリ通のヘルメットも入るしサイズも丁度いいので結構重宝しています。

さて10月製作開始各種迷彩帽の共同製作者の募集ですが10月16日を持ちました受付を締め切り発注に入ります。
平成30年より製作費が値上がりいたしますので今年最後の製作になるこの機会にいかがでしょうか。
お問い合わせは左枠「オーナーへメッセージを送る」からご連絡下さい。


  


Posted by folgore at 21:31Comments(0)各国の装備

2017年09月29日

9月の新着装備その2、台湾陸軍新型階級章(迷彩服用)

台湾陸軍の新型階級章でデジタル迷彩服用です。

階級は1等士官長で自衛隊の曹長に相当する階級です。
階級章上部には兵科が示してあり上から機甲、下段左が歩兵、下段右が砲兵です。

裏側はマジックテープになっており襟章となります。
  


Posted by folgore at 21:19Comments(0)各国の装備

2017年09月23日

9月の新着装備その1:DEFCON5Vegetato迷彩コンバットシャツ

イタリアのタクティカルギアメーカーDEFCON5のVegetato迷彩コンバットシャツです。

デザインは一般的なコンバットシャツスタイルですが袖が竹を斜めに切った様なカットになっていて変わっています。
襟裏にDEFCON5のロゴ入り、胸から上のジップアップ式です。
また専用の携行袋付です。

ジップアップしたところです。

背中側です。
体幹部分の生地はツルツルした化繊生地になっています。この生地は蚊の針が貫通するので刺されるという話もあります。



  


Posted by folgore at 06:57Comments(0)各国の装備

2017年09月15日

航空自衛隊野戦迷彩丸天帽

航空自衛隊野戦迷彩の陸自型迷彩帽(丸天帽)です。

以前同じ物を製作しましたが今回は顎紐や帽垂れの無いシンプルな原型タイプです。

基本デザインは陸自型丸天帽と同じですが鳩目穴は刺繍となっておりま。

引き続き今年最後の各種迷彩帽の共同製作者を募集しております。
仕事の都合で締め切りを9月末から10月15日に変更いたしました。
今のところFTC迷彩の日本軍型略帽のオーダーが入っております。
来年より製作費が値上げとなりますのでご興味ある方は製作費値上げ前のこの機会にいかがでしょうか。
  


Posted by folgore at 22:47Comments(0)空自野戦迷彩ヘッドギア

2017年09月09日

航空自衛隊野戦迷彩日本軍型略帽Bの改造

PXサイトーさんで販売されていた船員帽型の日本軍型略帽の改造です。

この帽子は船員帽をベースににして陸自迷彩と空自野戦迷彩が発売されましたが現在は野戦迷彩のみ在庫がある様です。

こちらが原型です。

改造点は伸縮式顎紐が原型は縫い付けですがカシメ止めに変更しました。

また左右各3個の通風口用鳩目穴を追加。

後頭部には帽垂れ取り付け用マジックテープの追加。

帽垂れの製作と合計4か所の改造を行っています。

さて9月も半ば10月目標で今年最後の各種迷彩帽の共同製作者を募集しております。
彩作はこれまでの作例どおりですがサンプル持ち込み等で新規形状の製作も可能ですので細部はお問い合わせ下さい。
来年より価格改定で値上げとなりますのでこの機会にいかがでしょうか。
  


Posted by folgore at 08:56Comments(0)空自野戦迷彩ヘッドギア

2017年08月26日

陸上自衛隊迷彩日本軍型略帽(B)

陸上自衛隊の2型迷彩生地で製作した日本軍型略帽(B)で船員帽型です。

こちらも前2作と同じユーザー様からのオーダーです。

形状は以前PXサイトーさんで販売していた船員帽型のリメイクです。
私のところで製作していたA型とは似ていますが前側の傾斜やツバの長さなどが異なります。

後ろからです。帽垂れが取り付けられる様にマジックテープを左右に取り付けてあります。
今回は以前取引したA型の帽垂れを共用するということで帽垂れは製作しませんでした。

写真撮影時にあった在庫品のA型から帽垂れを転用して取り付けてみましたが問題無く取り付けられます。

さて引きづづき製作費が値上がりする来年前にもう一回各種迷彩帽を作成しますのでご希望の方がおられましたらお問い合わせ下さい。
製作開始は10月頃を予定しています。
  


Posted by folgore at 11:14Comments(4)陸自Ⅱ型迷彩ヘッドギア

2017年08月19日

航空自衛隊デジタル迷彩日本軍型略帽(B)

航空自衛隊デジタル迷彩の生地で作成した日本軍型略帽(B)で船員帽型です。

こちらは先に紹介した旧迷彩日本軍型略帽(B)をオーダーいただいた方の特注です。
細部形状は以前PXサイトーさんが出していた旧軍型略帽をベースに空自デジタル迷彩生地レプリカのセカンドパターンでファーストパターンより青みが増してより実物生地に近づけて生地を使っています。

今回オプションとして伸縮式顎紐と帽子側の帽垂れ取り付け用マジックテープのみ取り付けました。
帽垂れは以前取引した日本軍型略帽(A)型の帽垂れを流用するとのことでした。

帽垂れ取り付け基部です。左右にマジックテープの雌を取り付けてあります。

手持ちの日本軍型略帽(A)型の帽垂れを取り付けてみましたが問題なく取り付け出来ました。

さて平成30年から帽子の製作費が値上がりしますので値上がり前に今年最後の各種迷彩帽の製作を10月頃行う予定ですのでご希望がありましたらお気軽のお問い合わせ下さい。
  


Posted by folgore at 08:47Comments(0)空デジヘッドギア

2017年08月13日

ちょっとだけの半日サバゲ


今日は大渕定例でしたが所用が有り午前中のみ遊ばせてもらいました。

KLMK迷彩とパルチザン迷彩で参加の仲間。
天候が今一つということもありましたがいつもの面子が10人ほど集まりました。
でいつもの様な遊んでましたが仲間がキャンプ用品とサバゲ用品のガレージセールを始めたのでTMCのマルチカムパックを1000円で譲ってもらいました。

こちらは通勤用に使う予定です。
午前中3ゲームほどこなしたところでランチタイムとなり離脱しましたが帰りしな結構雨が強くなり少々仲間が心配になりましたが午後も1ゲームこなし散会になったそうです。
  


Posted by folgore at 22:00Comments(0)サバゲ日誌

2017年08月11日

陸上自衛隊旧迷彩日本軍型略帽(B)

陸上自衛隊の旧迷彩生地で製作した日本軍型略帽B型です。

今回の作例は以前PXサイトーさんで出していた船員帽型で製作して欲しいということでサンプルを送ってもらい製作しました。
幸い空自野戦迷彩の帽子が在庫していたということでこれをテーラに送り型を起こしてもらって製作したため製作費が割高になりました。

顎紐を展開した状態です。
またもう一つの問題が旧迷彩の生地でした。流石にこれは在庫が無く。素材用の服を送ってもらうなども検討しましたがパーツごとの生地サイズは小さく大きな一枚生地を必要としなかった為に程度のよい端切れをかき集めてなんとか1個分確保出来ました。

帽垂れを外した状態です。いつもどおり取り付けはマジックテープを使いました。
鳩目は今回はいぶし銀の金属製を使用しています。

帽垂れです。
芯材に4枚の日除け布を取り付けた方法はこれまでの作例と同じです。

さてこれまでに製作を依頼してきたテーラーさんも時代の波には逆らえず止む負えず来年から値上げを予定しています。
つきましたは今年最後の各種迷彩帽の共同製作者募集を行います。
製作開始は10月頃を予定していますのでご希望があればお問い合わせ下さい。
  


Posted by folgore at 09:33Comments(0)旧迷彩のヘッドギア

2017年08月06日

ふじてんサバゲ大会

今日はふじてんスノーリゾートで行われた大会に参加してきました。

仲間達は映画「HEAT」をモチーフにしたコスプレで参加しておおうけでした。
さてふじてんこと富士天神山スキー場が夏場サバゲフィールドとして営業しています。

フィールドは2種類ありコンクリートブロックの人工障害物フィールドと林間の野戦フィールドがあります。
写真は人工障害フィールド内のクローラトラックで中々雰囲気が出ています。

今回は大会ということあり協賛のMVJ(軍用車の愛好家団体)の軍用車展示と試乗、ミリドル?の撮影会などもありました。

比較的近距離の戦闘が多かったので416Cを使ってましたが途中から拳銃でも十分戦えました。

鴨君は変わった生地のコンシャツを初使用、通気性が良いそうですがそれ以上に夏のゲームは過酷で平均年齢45歳前後のわれわれ8人には堪えました。私と鴨君は明日の仕事に影響しない様3時頃途中帰宅しました。

  


Posted by folgore at 21:17Comments(0)サバゲ日誌

2017年07月28日

台湾陸軍デジタル迷彩ブッシュハット

前々回紹介した台湾陸軍デジタル迷彩のキラーキャップと同様に官給品生地で製作した台湾陸軍デジタル迷彩ブッシュハットです。

生地は綿系の杉綾織り生地で製作はいつものテーラーさんにお願いしましたが官給品生地だけにイイ感じの仕上がりです。

写真写りの関係でMAPATやAORの様な色あいに見えますが実際は濃い緑の迷彩で私的な印象ですが旧日本軍の軍用機に使われていた濃緑色の様な色いあで明るいグレーが入っていろのも特徴です。

内側です生地の裏は白で顎紐にも迷彩の紐を使いルーズストッパーも取り付けいてみました。
全般的によい出来栄えですので使うのが楽しみです。




  


Posted by folgore at 14:24Comments(0)各国の装備

2017年07月22日

7月Kフィールド定例戦

日曜日の話ですが転職で中々サバゲ出来なくなった友人が遊びにくるということで時間を作ってサバゲに出掛けました。

台湾陸具軍新型でデジタル迷彩服を使う予定でいましたが取引トラブルで到着が大幅に遅れており新型装備が間に合わなかったので急遽CADPATに変更して参戦しました。

こちらは久々に参加のイギリス軍コレクターの友人MTPのフル装備で参加、もちろんウエビングもPLCEです。
この他四国へ転勤した友人も久々に遊びもきました。

また今回は何点かの装備の機能点検も兼ねいました。まずは写真のフェイスガードです。6月のゲームで口の中に玉が飛び込みあやうく前歯を折りそうになったのでSHOPで買ってきました。頬部分がソフトタイプで色は合わせ易いODにしました。
使い心地もわるくなく評価は合格です。

また6月に転んで破損した為修理とオーバーホールにマルイへ里帰りしていたレシーライフルも試運転、以前にもまして快調、集弾性も抜群です。

されにいつも変わったGUNを持ってくる仲間は幕末の中折れ単発銃という珍品を持ってきました。ヤフオクで手に入れたフルスクラッチ拳銃だそうです。

装填とコッキングは中折れした時に行い元に戻すとコッキングされている状態になります。性能は他の手動拳銃と同等です。

さてお昼時です。サバゲ仲間の現役陸隊員さんが演習の食べ残しをランチにしていたので拝見しました。
豚肉しょうが焼で白米、チャーハン、豚肉しょうが焼、トレ―、先割れスプーンが入ってます。
少し味見させてもらましたがチャーハン、白米は美味しく、ショウガ焼きも美味しいのですがちょっと味が濃い感じでした。
レーションは最近横流しでオクに出す輩がいるので管理が厳しいそうです。隊員さん自身が自分の分を食べるのは問題がないけれどあげられないので味見ならいいよと少し食べさせてもらいました。

さてゲームは昼のガスブロ戦は先月MP7を処分しましたが連射サイクルの下がる大型火器より拳銃で十分だった感があります。
その後暑い中熱中症対策を取りながら3時過ぎまで遊びましたが林間フィールドの為フィールド、セーフティーゾーン共に直射日光が当たらないフィールドだったのが助かりました。
ゲーム自体は可もなく不可もなくと言う出来高で終わりました。
  


Posted by folgore at 07:07Comments(0)サバゲ日誌

2017年07月14日

台湾新型デジタル迷彩キラーキャップ

台湾陸軍の新型デジタル迷彩キラーキャップです。

今年初めに手に入れた官給品生地を元に製作しました。

内側です。
細部は一般的なキラーキャップに準じた作りでいつものテーラーさんに作っていただきました。
官給品生地だけに中々イイ感じの色合いです。

斜め後ろからです。
今回の帽子は古いコレクター仲間からのオーダーですが作ってみたら中々イイので今度は自分の分も作ろうかと思います。

上からです。
前後と頭頂部、サイズ調整用テープの左右にマジックテープが取り付けられており各種パッチを取り付けることが出来ます。
さてここでお知らせです。
テーラーメイドの各種迷彩帽ですがテーラーさんの製作費値上の為、お取引価格もそれに応じた価格を上乗せさせていただくことになりました。
時期は平成30年製作分からで製作費が20%程度値上げになります。
参考価格ですがキャップ類で800円程度値上げで7300円程度、ハットで1000円程度値上げで8500円を予定しています。
年内にもう一度製作する予定ですのご希望があれば値上がり前のこの機会にいかがでしょうか。

  


Posted by folgore at 18:21Comments(0)各国の装備