2017年10月06日

10月の新着装備その1:マルチカムボトルポーチ

以前サバゲ仲間の処分品で格安購入したTMCのマルチカムバックパックを使い易くするために同じマルチカム迷彩のボトルポーチを購入しました。

取り付けるバックパックもTMCなのでブランドには拘らずコスパ重視で

商品名「OneTigris アウトドアボトル用ポーチ ナイロンボトルケース ペットボトルホルダー MOLLE対応」というポーチをアマゾンで購入しました。取付方法はMOLLEシステム対応です。

底は水抜きを兼ねてメッシュになっています。
生地質や縫製も可もなく不可もなくという感じです普通に使う分には問題なしです。

バックパックに取り付けるとこんな感じです。

片側だけにポーチを取り付けるとバランスが悪いので反対側にも以前購入したポーチを取り付けてみました。

こんな感じでバランスよくなりました。
このバックパックは通勤などの実用品なのですがチャリ通のヘルメットも入るしサイズも丁度いいので結構重宝しています。

さて10月製作開始各種迷彩帽の共同製作者の募集ですが10月16日を持ちました受付を締め切り発注に入ります。
平成30年より製作費が値上がりいたしますので今年最後の製作になるこの機会にいかがでしょうか。
お問い合わせは左枠「オーナーへメッセージを送る」からご連絡下さい。


  


Posted by folgore at 21:31Comments(0)各国の装備

2017年09月29日

9月の新着装備その2、台湾陸軍新型階級章(迷彩服用)

台湾陸軍の新型階級章でデジタル迷彩服用です。

階級は1等士官長で自衛隊の曹長に相当する階級です。
階級章上部には兵科が示してあり上から機甲、下段左が歩兵、下段右が砲兵です。

裏側はマジックテープになっており襟章となります。
  


Posted by folgore at 21:19Comments(0)各国の装備

2017年09月23日

9月の新着装備その1:DEFCON5Vegetato迷彩コンバットシャツ

イタリアのタクティカルギアメーカーDEFCON5のVegetato迷彩コンバットシャツです。

デザインは一般的なコンバットシャツスタイルですが袖が竹を斜めに切った様なカットになっていて変わっています。
襟裏にDEFCON5のロゴ入り、胸から上のジップアップ式です。
また専用の携行袋付です。

ジップアップしたところです。

背中側です。
体幹部分の生地はツルツルした化繊生地になっています。この生地は蚊の針が貫通するので刺されるという話もあります。



  


Posted by folgore at 06:57Comments(0)各国の装備

2017年09月15日

航空自衛隊野戦迷彩丸天帽

航空自衛隊野戦迷彩の陸自型迷彩帽(丸天帽)です。

以前同じ物を製作しましたが今回は顎紐や帽垂れの無いシンプルな原型タイプです。

基本デザインは陸自型丸天帽と同じですが鳩目穴は刺繍となっておりま。

引き続き今年最後の各種迷彩帽の共同製作者を募集しております。
仕事の都合で締め切りを9月末から10月15日に変更いたしました。
今のところFTC迷彩の日本軍型略帽のオーダーが入っております。
来年より製作費が値上げとなりますのでご興味ある方は製作費値上げ前のこの機会にいかがでしょうか。
  


Posted by folgore at 22:47Comments(0)空自野戦迷彩ヘッドギア

2017年09月09日

航空自衛隊野戦迷彩日本軍型略帽Bの改造

PXサイトーさんで販売されていた船員帽型の日本軍型略帽の改造です。

この帽子は船員帽をベースににして陸自迷彩と空自野戦迷彩が発売されましたが現在は野戦迷彩のみ在庫がある様です。

こちらが原型です。

改造点は伸縮式顎紐が原型は縫い付けですがカシメ止めに変更しました。

また左右各3個の通風口用鳩目穴を追加。

後頭部には帽垂れ取り付け用マジックテープの追加。

帽垂れの製作と合計4か所の改造を行っています。

さて9月も半ば10月目標で今年最後の各種迷彩帽の共同製作者を募集しております。
彩作はこれまでの作例どおりですがサンプル持ち込み等で新規形状の製作も可能ですので細部はお問い合わせ下さい。
来年より価格改定で値上げとなりますのでこの機会にいかがでしょうか。
  


Posted by folgore at 08:56Comments(0)空自野戦迷彩ヘッドギア

2017年08月26日

陸上自衛隊迷彩日本軍型略帽(B)

陸上自衛隊の2型迷彩生地で製作した日本軍型略帽(B)で船員帽型です。

こちらも前2作と同じユーザー様からのオーダーです。

形状は以前PXサイトーさんで販売していた船員帽型のリメイクです。
私のところで製作していたA型とは似ていますが前側の傾斜やツバの長さなどが異なります。

後ろからです。帽垂れが取り付けられる様にマジックテープを左右に取り付けてあります。
今回は以前取引したA型の帽垂れを共用するということで帽垂れは製作しませんでした。

写真撮影時にあった在庫品のA型から帽垂れを転用して取り付けてみましたが問題無く取り付けられます。

さて引きづづき製作費が値上がりする来年前にもう一回各種迷彩帽を作成しますのでご希望の方がおられましたらお問い合わせ下さい。
製作開始は10月頃を予定しています。
  


Posted by folgore at 11:14Comments(2)陸自Ⅱ型迷彩ヘッドギア

2017年08月19日

航空自衛隊デジタル迷彩日本軍型略帽(B)

航空自衛隊デジタル迷彩の生地で作成した日本軍型略帽(B)で船員帽型です。

こちらは先に紹介した旧迷彩日本軍型略帽(B)をオーダーいただいた方の特注です。
細部形状は以前PXサイトーさんが出していた旧軍型略帽をベースに空自デジタル迷彩生地レプリカのセカンドパターンでファーストパターンより青みが増してより実物生地に近づけて生地を使っています。

今回オプションとして伸縮式顎紐と帽子側の帽垂れ取り付け用マジックテープのみ取り付けました。
帽垂れは以前取引した日本軍型略帽(A)型の帽垂れを流用するとのことでした。

帽垂れ取り付け基部です。左右にマジックテープの雌を取り付けてあります。

手持ちの日本軍型略帽(A)型の帽垂れを取り付けてみましたが問題なく取り付け出来ました。

さて平成30年から帽子の製作費が値上がりしますので値上がり前に今年最後の各種迷彩帽の製作を10月頃行う予定ですのでご希望がありましたらお気軽のお問い合わせ下さい。
  


Posted by folgore at 08:47Comments(0)空デジヘッドギア

2017年08月13日

ちょっとだけの半日サバゲ


今日は大渕定例でしたが所用が有り午前中のみ遊ばせてもらいました。

KLMK迷彩とパルチザン迷彩で参加の仲間。
天候が今一つということもありましたがいつもの面子が10人ほど集まりました。
でいつもの様な遊んでましたが仲間がキャンプ用品とサバゲ用品のガレージセールを始めたのでTMCのマルチカムパックを1000円で譲ってもらいました。

こちらは通勤用に使う予定です。
午前中3ゲームほどこなしたところでランチタイムとなり離脱しましたが帰りしな結構雨が強くなり少々仲間が心配になりましたが午後も1ゲームこなし散会になったそうです。
  


Posted by folgore at 22:00Comments(0)サバゲ日誌

2017年08月11日

陸上自衛隊旧迷彩日本軍型略帽(B)

陸上自衛隊の旧迷彩生地で製作した日本軍型略帽B型です。

今回の作例は以前PXサイトーさんで出していた船員帽型で製作して欲しいということでサンプルを送ってもらい製作しました。
幸い空自野戦迷彩の帽子が在庫していたということでこれをテーラに送り型を起こしてもらって製作したため製作費が割高になりました。

顎紐を展開した状態です。
またもう一つの問題が旧迷彩の生地でした。流石にこれは在庫が無く。素材用の服を送ってもらうなども検討しましたがパーツごとの生地サイズは小さく大きな一枚生地を必要としなかった為に程度のよい端切れをかき集めてなんとか1個分確保出来ました。

帽垂れを外した状態です。いつもどおり取り付けはマジックテープを使いました。
鳩目は今回はいぶし銀の金属製を使用しています。

帽垂れです。
芯材に4枚の日除け布を取り付けた方法はこれまでの作例と同じです。

さてこれまでに製作を依頼してきたテーラーさんも時代の波には逆らえず止む負えず来年から値上げを予定しています。
つきましたは今年最後の各種迷彩帽の共同製作者募集を行います。
製作開始は10月頃を予定していますのでご希望があればお問い合わせ下さい。
  


Posted by folgore at 09:33Comments(0)旧迷彩のヘッドギア

2017年08月06日

ふじてんサバゲ大会

今日はふじてんスノーリゾートで行われた大会に参加してきました。

仲間達は映画「HEAT」をモチーフにしたコスプレで参加しておおうけでした。
さてふじてんこと富士天神山スキー場が夏場サバゲフィールドとして営業しています。

フィールドは2種類ありコンクリートブロックの人工障害物フィールドと林間の野戦フィールドがあります。
写真は人工障害フィールド内のクローラトラックで中々雰囲気が出ています。

今回は大会ということあり協賛のMVJ(軍用車の愛好家団体)の軍用車展示と試乗、ミリドル?の撮影会などもありました。

比較的近距離の戦闘が多かったので416Cを使ってましたが途中から拳銃でも十分戦えました。

鴨君は変わった生地のコンシャツを初使用、通気性が良いそうですがそれ以上に夏のゲームは過酷で平均年齢45歳前後のわれわれ8人には堪えました。私と鴨君は明日の仕事に影響しない様3時頃途中帰宅しました。

  


Posted by folgore at 21:17Comments(0)サバゲ日誌

2017年07月28日

台湾陸軍デジタル迷彩ブッシュハット

前々回紹介した台湾陸軍デジタル迷彩のキラーキャップと同様に官給品生地で製作した台湾陸軍デジタル迷彩ブッシュハットです。

生地は綿系の杉綾織り生地で製作はいつものテーラーさんにお願いしましたが官給品生地だけにイイ感じの仕上がりです。

写真写りの関係でMAPATやAORの様な色あいに見えますが実際は濃い緑の迷彩で私的な印象ですが旧日本軍の軍用機に使われていた濃緑色の様な色いあで明るいグレーが入っていろのも特徴です。

内側です生地の裏は白で顎紐にも迷彩の紐を使いルーズストッパーも取り付けいてみました。
全般的によい出来栄えですので使うのが楽しみです。




  


Posted by folgore at 14:24Comments(0)各国の装備

2017年07月22日

7月Kフィールド定例戦

日曜日の話ですが転職で中々サバゲ出来なくなった友人が遊びにくるということで時間を作ってサバゲに出掛けました。

台湾陸具軍新型でデジタル迷彩服を使う予定でいましたが取引トラブルで到着が大幅に遅れており新型装備が間に合わなかったので急遽CADPATに変更して参戦しました。

こちらは久々に参加のイギリス軍コレクターの友人MTPのフル装備で参加、もちろんウエビングもPLCEです。
この他四国へ転勤した友人も久々に遊びもきました。

また今回は何点かの装備の機能点検も兼ねいました。まずは写真のフェイスガードです。6月のゲームで口の中に玉が飛び込みあやうく前歯を折りそうになったのでSHOPで買ってきました。頬部分がソフトタイプで色は合わせ易いODにしました。
使い心地もわるくなく評価は合格です。

また6月に転んで破損した為修理とオーバーホールにマルイへ里帰りしていたレシーライフルも試運転、以前にもまして快調、集弾性も抜群です。

されにいつも変わったGUNを持ってくる仲間は幕末の中折れ単発銃という珍品を持ってきました。ヤフオクで手に入れたフルスクラッチ拳銃だそうです。

装填とコッキングは中折れした時に行い元に戻すとコッキングされている状態になります。性能は他の手動拳銃と同等です。

さてお昼時です。サバゲ仲間の現役陸隊員さんが演習の食べ残しをランチにしていたので拝見しました。
豚肉しょうが焼で白米、チャーハン、豚肉しょうが焼、トレ―、先割れスプーンが入ってます。
少し味見させてもらましたがチャーハン、白米は美味しく、ショウガ焼きも美味しいのですがちょっと味が濃い感じでした。
レーションは最近横流しでオクに出す輩がいるので管理が厳しいそうです。隊員さん自身が自分の分を食べるのは問題がないけれどあげられないので味見ならいいよと少し食べさせてもらいました。

さてゲームは昼のガスブロ戦は先月MP7を処分しましたが連射サイクルの下がる大型火器より拳銃で十分だった感があります。
その後暑い中熱中症対策を取りながら3時過ぎまで遊びましたが林間フィールドの為フィールド、セーフティーゾーン共に直射日光が当たらないフィールドだったのが助かりました。
ゲーム自体は可もなく不可もなくと言う出来高で終わりました。
  


Posted by folgore at 07:07Comments(0)サバゲ日誌

2017年07月14日

台湾新型デジタル迷彩キラーキャップ

台湾陸軍の新型デジタル迷彩キラーキャップです。

今年初めに手に入れた官給品生地を元に製作しました。

内側です。
細部は一般的なキラーキャップに準じた作りでいつものテーラーさんに作っていただきました。
官給品生地だけに中々イイ感じの色合いです。

斜め後ろからです。
今回の帽子は古いコレクター仲間からのオーダーですが作ってみたら中々イイので今度は自分の分も作ろうかと思います。

上からです。
前後と頭頂部、サイズ調整用テープの左右にマジックテープが取り付けられており各種パッチを取り付けることが出来ます。
さてここでお知らせです。
テーラーメイドの各種迷彩帽ですがテーラーさんの製作費値上の為、お取引価格もそれに応じた価格を上乗せさせていただくことになりました。
時期は平成30年製作分からで製作費が20%程度値上げになります。
参考価格ですがキャップ類で800円程度値上げで7300円程度、ハットで1000円程度値上げで8500円を予定しています。
年内にもう一度製作する予定ですのご希望があれば値上がり前のこの機会にいかがでしょうか。

  


Posted by folgore at 18:21Comments(0)各国の装備

2017年07月02日

7月の新着装備その1:海上自衛隊ブルーデジタルワッペン用腕章ペン差し、パスケース付

海上自衛隊ブルーデジタル迷彩ワッペン用腕章(ペン差し、パスケース付)です。

表面は紺色の大版マジックテープで各種ワッペンを取り付けることが出来ます。
知り合いの隊員さんが某所で見つけてきてくれた腕章で88式鉄帽覆いを作るきっかけとなりました。
製品をみたところよくお願いするメーカー製かと思い聞いてみましたが違うとのことでした。

内側です、パスケースとペン差しになっています。

裏側です。ハットなどに使われている服地が使われています。
ベルトなどの各部の部材も紺色の物が使われておりいい雰囲気となっています。
私は同じ仕様の陸自版を持っているしサバゲに使う様な物でもないので資料収集後別なユーザー様のところへ嫁ぎました。

  


Posted by folgore at 08:58Comments(2)海上自衛隊の装備

2017年06月23日

海上自衛隊ブルーデジタル迷彩88式鉄帽覆い用ヘルメットバンド

先回製作した海上自衛隊ブルーデジタル88式鉄帽覆い用のヘルメットバンドです。

製作した88式鉄帽覆いは陸自関連のメーカーに依頼したため実際には付いていないヘルメットバンドループが付いています。
これを取り外してしますうのが一番早いのですがそこは血が騒ぎ折角ヘルメットバンドループがあるのだからヘルメットバンドを作ろうと思ってしまった訳です。

ジャンクパーツを漁ったところ以前何かの材料に使った陸自のヘルメットバンドのジャンクがあったのでこれから連結金具を取り外しました。
ヘルメットバンド海自用で擬装の必要がなので迷彩である必要がありませんから単色に決定。
以前手芸屋でイイ感じのゴムバンドがあるのを思い出し買いに行きました。
15mm幅のカラーゴムバンドを購入120cmで450円、これから鉄帽用ゴムバンドが2本作れました。
使えそうな色は水色と紺で迷いましたが暗い感じの方がいいだろうと紺をチョイスしあとは陸自用ヘルメットバンドと同じ長さに切りミシンで連結金具を取り付けて完成です。
連結金具が特殊な形状の為に量産するには陸自のゴムバンドを潰して部品取りする必要があるので製作すると1000円くらいになってしまいます。
御希望があれば製作いたしますがミシンがあれば簡単に作れますのでチャレンジしてみて下さい。
  


Posted by folgore at 15:41Comments(0)海上自衛隊の装備

2017年06月11日

6月大渕定例戦

今日は6月の大渕フィールドの定例戦に参加してきました。いつもながらの身内ゲームです。

仲間内が80~90年代アフリカ傭兵スタイルでなんか世代をイイ感じに感じました。

Kamo君もM06フィンランド新迷彩で参加しましたが私は何と先日コンプリートしたVegetato迷彩装備で参加の予定でしたがまさかのトラブル。

箪笥からVegetato迷彩のジャケットとコンパンを取り出して荷造りしたつもりがコンパンとノーマルパンツを入れしまいズボンばかりで形になりませんでした。
急遽作業着代わりに車に積んであったRGのクレイG3タイプBDUのレプリカBDUを取り出しましたが少々萎えました。
ゲーム中にも切り株につまずき激しく転びレシーライフルのストックのバッドプレートを落としてしまうなどなんともついていない一日でしたがサバゲの成果はそれなりに挙げました。
この日は職場の後輩同僚も初参加しましたが残念ながらヒットを得られず厳しい初陣となりました。

さて今日のお昼はアルファ米のぺペロンチーノです。米のアルファ米と違い3分で完成します。

中身はパスタですが麺では無くマカロニスタイルです。他スプーン、加薬、乾燥材が入っています。

完成形ですマカロニのぺペロンチーノと言う感じで意外に美味い。
今日は16人でかなりのゲーム回数をこなし3時過ぎにお開きとなりましたがイイ汗かいたので帰りに久しぶりにビール買って帰りました。

後日談ですがどうも胸が痛いと思って医者に行ったら軽度ですがあばら骨にヒビが入っている様です。
固定も出来ないのでしばらくは我慢です。
  


Posted by folgore at 20:52Comments(0)サバゲ日誌

2017年06月07日

オク出品中海自デジタル88式鉄帽覆い(大)

今回製作した海自デジタル88式鉄帽覆い(大)を1個だけオクに出品しております。

ご興味ある方は検索してみて下さい。
終了は11日(日)の21時頃です。
  


Posted by folgore at 19:31Comments(0)企画、製作、ニュースなど

2017年06月04日

海上自衛隊デジタル迷彩88式鉄帽覆いの連絡


完成しました海上自衛隊デジタル迷彩88式鉄帽覆いのお取引連絡をいたしましたがまだ連絡が届いていないという方がおられましたら至急ご連絡下さい。
尚新規のお取引は現在受け付けておりません。
  


Posted by folgore at 18:32Comments(0)企画、製作、ニュースなど

2017年06月02日

海上自衛隊デジタル迷彩鉄帽覆い(レプリカ)

某所へ発注していた海上自衛隊デジタル迷彩の88式鉄帽覆い(ヘルメットカバー)が完成しました。

以前委託があった鉄帽覆いとは異なり

今回の鉄帽覆いは写真のブッシュハットに使われている生地で出来ています。
以前迷彩帽用であった桜に碇マークのスタンプ入り生地とは異なりこの生地にはスタンプマークはありません。

今回の製作は大号5個、中号5個の合計10個のみの1回限りの製作です。
実物はヘルメットバンドループが無い様ですが今回の鉄帽覆いは大人の都合でヘルメットバンドループ付ですがヘルメットバンドは付属しません。

その為レプリカの88式鉄帽覆いでよくある前側のヘルメットバンドループが下過ぎる点も引き継いでしまったのが残念な点です。

前左側からです。この辺は実物どおりヘルメットバンドループを取り外すか移動させるのも対策かと思います。

写真はキャロッパチ大号へ取り付けています。
やや前がタイトで後ろが短い感じですが取り付けは問題ありません。

陸自迷彩の官給品仕様のPX品との比較ですがあまり差異は感じませんが取り付けてみないと判らない点がもあるので知り合いの隊員さんにお願いして実物の大号へ取り付けてもらいました。
やはり前側ループの位置がもう少し上に移動したいとのことでしたが取り付けはキャロッパチよりスムーズに取り付け出来るそうですのでキャロッパチの方がシェルがやや大きいのではないかとのことでした。
割とタイトな作りで実物、キャロッパチ、その他レプリカにより取り付けた感じが異なりますのでこの記事を読んでキャンセルもOKです。
予約いただいた方々には準備出来次第ご連絡いたしますので一読のうえご判断下さい。
ヤフオクには月曜日頃大号1個を出品予定です。




  


Posted by folgore at 17:51Comments(0)海上自衛隊の装備

2017年05月26日

5月の新着装備その3:DEFCON5Vegetato迷彩フィールドポーチ

DEFCON5のVegetato迷彩フィールドポーチです。

先月から実戦配備されたロードベアリングハーネス用に頼んだ何個かのポーチの1個でしたがあいにく欠品で到着が遅れていましたがほどなく届きました。

上部はジッパー開閉式で内側は外側にポケット、身体側に縦二本の固定用ストラップがあり代打で購入したマルチカムのフィールドポーチと同じ作りです。

MOLLE式で装備やベルトなどに取り付けます。

DEFCON5のロゴラベルがまたイイ!

先日代打で急遽購入したマルチカムのフィールドポーチは僅か1回の使用でお役御免となりましたので希望の方お問い合わせ下さい。1200円くらいでいいかな。
形状や構造はほぼ同じですがDEFCON5の方が僅かに小さいですね。

装備に付けるとこんな感じです。
これでロードベアリングハーネスもコンプリートです。


  


Posted by folgore at 19:40Comments(0)各国の装備